.

.

下の画像をクリックすると画像のゲームジャンルへ飛べます。

f:id:Kamaitati:20170824055609j:plain f:id:Kamaitati:20180306213929j:plain f:id:Kamaitati:20180306213316j:plain

カマイタチのゲーム攻略ブログ

このブログではゲーム(特にロボクラ)の記事を更新していきます!

アバドン闘化で毒パはどうなるのか【逆転オセロニア】

恐ろしき40%リーダーバフ

f:id:Kamaitati:20180917235904p:image

以前に毒パを作りたいという記事を書きました。

kamaitati.hatenadiary.jp

 

だいぶ前の記事ですが今回はアバドンの

闘化のスキルをみて非常に驚きました。

この記事でリーダーとして進めていたヨシノバフの

効果を越えているからです。

長々書いていても見た方が早いので

闘化の性能は以下の通りです。

 

まあ、タイトル通りスキルは40%という破格性能です。

コンボスキル自体はあまり意識するものでは

ありませんがないよりは引きずり出されたときに

使用できるのでないよりはといった感じ。

攻撃が約1200あたりなのも評価が高い。

調節すれば上でも下でもロックにかかりにくい。

そして実はもう一つの嬉しい点があります。

それはスキルの発動条件にあります。

そう!魔族縛りがないのですよ!

つまりは混合型のデッキでもOKなのは

40%バフなのにって感じですね。

どうアバドンを運用するのか

 

前の記事でも書きましたが今の毒パは

じわじわ攻めても意味が無いのが現状です。

しかし、アバドンがいればA駒の500毒でも

700ダメージまで上昇します。

A駒は引きやすいので2つほど手駒に

引くことが出来れば盤面で永続的に

1500ほどはダメージが出ます。

運が良ければ数ターンでこの状況が出来ます。

他にもサリーなどの1400毒は

1ターンで2000近くダメージが出ます。

昔のS神駒の特殊ダメージぐらい出ますね。

こうなるとえげつないことを改めて感じます。

3つ4つ毒駒があれば後は他の駒で

サポートするだけでダメージは稼げます。

少ない手数で配置できるので他の駒で

盤面のピンチをしのぎやすいです。 

実戦用パーティー 耐久編

f:id:Kamaitati:20180917235841p:image

駒は画像のように体力高めです。

その上に防御バフや吸収で体力差を

確実に広げていくことが出来ます。

もちろんS駒は毒メインで構築することで

火力を落とさず神パと殴り合っていけます。

 

実戦用パーティー 魔族統一編

f:id:Kamaitati:20180917235809p:image

どうせなら魔族統一が可能なので活かしていきます。

統一することで呪いを使用できるので

毒を端に配置しつつ返されるマスには

呪い駒を使用していきます。

呪いが痛い相手は使いたくない駒を

盤面に出す…軽い手駒ロックですね。

もちろん呪い以外の駒を出せば毒と

呪いのダメージで一気に持っていけます。

S駒の火力がいかに重要か

仮にですが開始2ターンでアズリエルが

手持ちに来るとします。

この時端に配置できればこの時点で

毒4200×1.4倍+素の攻撃約1700で

7500ほどが確定になります。

他にも呪いやA駒を配置できれば

5ターンとかからず相手は焦ります。

4S構成ならば次に引ける確率も

そこそこでよくある1000の永続毒が

ここで決まれば毎ターン1400という地獄。

永続アズリエルが完成しますね。

この状況で手駒ロックやら使われたら

勘弁してくれと言いたい。

そのぐらい恩恵が大きいのが

毒バフだなと改めて感じます。