.

.

下の画像をクリックすると画像のゲームジャンルへ飛べます。

f:id:Kamaitati:20170824055609j:plain f:id:Kamaitati:20180306213929j:plain f:id:Kamaitati:20180306213316j:plain

カマイタチのゲーム攻略ブログ

このブログではゲーム(特にロボクラ)の記事を更新していきます!

厄介なサバイバーTOP3 2018/08/11現在 アイデンティティⅤ(identityⅴ)

ハンターにとっての厄介なサバイバーとは

この記事ではハンター側をプレイして

実際にされると困る行動を3つに分けて

評価していき3つの項目を多く

実行できるサバイバーを

「厄介なサバイバー」とします。

①時間稼ぎ

板や窓を駆使した回避を繰り返し

ひたすらに同じループをされると

存在感も上げられず時間だけを

奪われてしまうケースが多い。

他にも負傷状態からの回復は

ダウンまでの時間が伸びるため

間接的に時間を取られる。

他にもチェアに拘束させない手段を持つ

サバイバーも厄介な相手といえる。

②速攻解読

存在感を上げる前にほとんどの

解読が終了してしまう場合や

チェア拘束してサバイバーが

失踪するまでの間にゲート開放など

戦略が本格化する前に試合を

終わらせてしまうケースが多い。

③ステレス能力

追撃を始めたのに追うだけ追って

逃がしてしまうと時間ロスになってしまう。

もしくは、暗号機巡回で近くにいることは

分かっているが発見までには至らず

あちこちを行き来して成果を

得られないことが多い。

厄介なサバイバー第3位 

泥棒ピアソン

f:id:Kamaitati:20180815143304p:image

ステレス能力はないが時稼ぎにおいて

素晴らしい性能を誇っている。

もちろん解読もできなくはないが

解読よりも強ポジで目立ち

ハンターをなるべく引き付けて

安全に味方の解読時間を作ることができる。

もちろん時間を延ばせればベストだが

捕まってしまうと救出の手間や

チェイスの対象が変わるのであまり

無茶をして捕まるとかえってハンターに

有利に働いてしまう。

厄介なサバイバー第2位 医師

f:id:Kamaitati:20180815143335p:image

チェイスによる時間稼ぎは不得意。

しかし、回復の能力はかなり使い道が多い。

特に負傷しても味方サバイバーはもちろん

自己回復が可能なので

チェイスで負傷しても味方に

迷惑をかけることがない。

そのうえ強ポジでは負傷しても

回復をこまめに挟めばかなり厄介。

ハンター側からしても一度逃すと

負傷を回復されてしまうのは面倒。

厄介なサバイバー第1位 心眼

時間稼ぎではなくをするのではなく

試合時間そのものを短縮できる。

そのため少ない解読時間でもゲートが

開放できてしまうので最も面倒。

心眼が二名以上いると苦戦は必須で

存在感が満足にたまらないまま

ゲート開放になってしまう。

ハンターは時間を増すほど

様々な効果を得られるが心眼相手では

とにかく解読前に倒すしか手段はない。

しかし、心眼のもう一つの能力である

杖によって開幕からこちらの位置がバレるので

最初に出会う確率も低い。

解読が脱出の条件だけあって時間を

多く取られるより解読が即座に終了

してしまう方がよほど厄介となる。